/

クライミング、16歳森が2度目の日本一 ジャパン杯

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ最終日は11日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、8人による決勝で女子は昨年の世界選手権銅メダリストで16歳の森秋彩(茨城県連盟)が日本選手権として実施されていた2018年大会以来2度目の日本一を果たした。男子は17歳の西田秀聖(奈良県連盟)が初優勝した。

女子決勝 優勝した森秋彩(11日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同

女子は4人が完登し、準決勝の結果で東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)は2位となった。今年のボルダリングとスピードのジャパンカップを制した伊藤ふたば(同)は7位。野中生萌(XFLAG)は準決勝で敗退した。

男子で五輪代表の楢崎智亜は4位、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)は5位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン