/

リオ五輪、パラ女王が旗手に イランのアーチェリー選手

【ロンドン=共同】2012年ロンドン・パラリンピックのアーチェリー(車いす)でイランの女子選手としてパラ、五輪を通じて初の金メダルを獲得したザハラ・ネマティ(30)が、リオデジャネイロ五輪では同国選手団の旗手に起用されることになった。英BBC放送(電子版)などが25日伝えた。

世界アーチェリー連盟の公式サイトによると、04年に自動車事故で脊椎を損傷し、テコンドーから転向した同選手は「すべての障害のある人たちに諦めないでと伝えたい。何でもできる」とのコメントを発表した。

昨年は五輪とパラの両方で出場枠を獲得した。アーチェリーでは車いす選手も健常者の大会に出場することが一般的に認められている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン