/

ロッテ、加藤翔平をトレード 中日の加藤匠馬と

ロッテの加藤翔平外野手(30)と中日の加藤匠馬捕手(29)の交換トレードが成立し、15日、両球団から発表された。

ロッテの加藤翔平外野手(左)と中日の加藤匠馬捕手=共同

ロッテは正捕手の田村が故障で離脱しており、捕手陣の補強が課題となっていた。ロッテは前日14日にもDeNAとの交換トレードで国吉佑樹投手の獲得を発表していた。中日は両打ちの外野手獲得で、得点力の不足を補う狙いがある。

加藤翔は上武大から2013年、ドラフト4位でロッテ入団。今季は20試合の出場で、打率2割2分だった。加藤匠は青学大から15年にドラフト5位で中日入り。強肩に定評があるものの、昨年は出場29試合で、今季は1軍出場はなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン