サッカー

レアルやインテルなど、21年に親善試合 医療支援目的で

2020/5/19 20:01
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】サッカーの強豪クラブ、レアル・マドリード(スペイン)バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)インテル・ミラノ(イタリア)は19日、新型コロナウイルスの対応に尽力する医療関係者らを支援するため、2021年に親善試合を行うと発表した。

試合は3都市で行われる予定。収益はスペイン、イタリアに寄付され、医師や看護師がスタジアムに招待される。試合の日程は各リーグの公式戦や、観客の入場がいつ認められるかによって決めるという。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー日本代表と、原則24歳以下で編成する東京五輪男子代表の兼任継続が決まった森保一監督が14日、オンラインで取材に応じ「最終的な結果で期待に応えたい。五輪の金メダルを目標に選手もスタッフも成長し …続き (14日 18:22)

 左膝の大けがからの復帰を目指すJ1川崎の中村憲剛が14日、オンラインで取材に応じ「8月中に試合に戻れればいい」と見通しを示した。昨年11月に前十字靱帯損傷および外側半月板損傷で全治約7カ月と診断され …続き (14日 18:07)

セビリア戦の前半、攻め込むマジョルカの久保建=左(13日、セビリア)=共同

 【ロンドン=共同】サッカー元スペイン代表MFのルイスガルシアとメンディエタの両氏が13日、オンラインで記者会見し、同国1部リーグのマジョルカで活躍する久保建英について、同じ左利きの技巧派だったルイス …続き (13日 20:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]