/

ラグビー日本代表、合宿打ち上げ 12日に強化試合

ラグビー日本代表は8日、大分県別府市で5月26日から行っていた代表合宿を打ち上げた。合宿は2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来となる久々の代表活動で、選手は午前、午後、夜と3部にわたる練習など負荷の高いメニューをこなした。この日は新型コロナウイルス対策としてチャーターした飛行機で静岡県に移動。12日にサンウルブズとの強化試合(静岡スタジアム)に臨む。

強化試合では選手にプレー機会を与えるために、代表選手の一部がサンウルブズ側でプレーする。この日、19年W杯メンバーでロックのヘル(ヤマハ発動機)のほか、フランカーのガンター(パナソニック)、SH荒井、追加招集されたフッカーの庭井(ともにキヤノン)ら9人がサンウルブズでプレーすることが発表された。

代表は強化試合の後に欧州遠征に出発してテストマッチ2試合を戦う。初戦は英国系4協会の選抜チーム、全英・アイルランド代表ライオンズと26日に英エディンバラで対戦し、7月3日にはダブリンでアイルランドと顔を合わせる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン