/

川崎の連勝12で止まる J1、G大阪は引き分け

明治安田J1(3日・川崎市等々力陸上競技場ほか)第26節、第31節の計7試合が行われ、首位川崎は札幌に0-2で敗れ、連勝が12で止まった。8月23日以来の黒星で今季2敗目。勝ち点は68のまま。2位のG大阪はC大阪と1-1で引き分け、同52とした。

札幌に敗れ、肩を落とす中村(右端)ら川崎イレブン(3日、等々力)=共同

クラモフスキー監督を解任し、平岡新監督の初陣となった清水は神戸に3-1で勝って8試合ぶりの勝利。鹿島は横浜Mに、大分は横浜FCにそれぞれ逆転勝ちした。鳥栖―名古屋、広島―浦和は引き分けた。

仙台―柏は柏に新型コロナウイルスの陽性者が出たため中止となった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン