/

F1王者ハミルトンがコロナ陽性 6日決勝の次戦欠場

自動車のF1シリーズで7度目の総合優勝を決めているメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、6日決勝の次戦サキール・グランプリ(GP)を欠場することになった。1日、所属チームが発表した。

35歳のハミルトンは今季、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ)が保持していた歴代最多記録の91勝を塗り替え、総合4連覇を達成。11月29日のバーレーンGPで通算95勝目をマークした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン