/

原沢、五輪代表へ決意新たに 柔道GSパリで優勝

7日まで行われた柔道のグランドスラム・パリ大会で優勝した男子100キロ超級の原沢久喜(日本中央競馬会)が9日、パリから羽田空港に帰国し「まだ試合が残っているのでうれしさはない。気持ちを引き締める」とリオデジャネイロ五輪代表へ決意を新たにした。

大会は五輪日本代表選考へ重要な位置付けとなり、国際大会7連続制覇の原沢は代表レースを一歩抜け出した。4月に二つの国内大会を残すだけとなり「自分はまだまだ追う立場。しっかりと勝ち切る」と意気込んだ。

原沢と争う七戸龍(九州電力)は5位に沈み、世界選手権2年連続2位ながら代表争いで後退。「挑戦者の気持ちで自分を見つめ直す。4月に優勝するために追いかける」と巻き返しを期した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン