/

柔道・永瀬「五輪開催を信じる」 金メダルへ自らを鼓舞

東京五輪柔道男子81キロ級代表の永瀬貴規(旭化成)が15日、オンラインで報道陣の取材に応じ、来夏に延期された大会に向かう心境について「開催されると信じ、今できることに励んで照準を合わせるだけ」と語った。

新型コロナウイルス感染が拡大した4月から約3カ月間は個人で体力強化に努め、7月からは宮崎県にある所属先の道場で稽古を再開。現在は母校の筑波大を拠点とし「ほぼ通常通り。乱取りもやっている」と近況を説明した。

今後の出場大会は未定だが「しっかり準備できた段階で出場する。今は稽古をしたい」と焦らず足元を見つめる。世界王者として臨んだ前回リオデジャネイロ五輪は3位。26歳の実力者は悲願の頂点を目指す2度目の大舞台へ「金メダルは使命。絶対に取りたい」と自らを鼓舞した。

自粛期間中は読書にもいそしみ、8月に現役を引退したサッカー元日本代表、内田篤人さんの著書が印象的だったという。右膝手術という共通項があり、謙虚な性格にも親近感を覚えた。「信念を貫き通す姿を見習いたい」と視野が広がり、競技にも生かしたい考えだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン