/

柔道・丸山、パリ五輪視野に 阿部戦敗因は「気持ち」

昨年12月に阿部一二三(パーク24)との東京五輪柔道男子66キロ級代表決定戦に敗れた丸山城志郎(ミキハウス)が9日、奈良県天理市の天理大での練習を報道陣にオンラインで公開し「今は僕自身の柔道の進化に重点を置いている。一つ一つの階段を上っている」と新たな決意を語った。2024年パリ五輪出場を視野に入れているという。

調整する柔道男子の丸山城志郎=左(9日、奈良県天理市の天理大)=共同

24分間にも及んだ歴史的な「ワンマッチ」の敗因は「技術、体力ではなく、気持ち」と明かす。攻勢に傾いた場面で阿部の治療により試合が2度中断した場面には「『今からだったのになあ』という気持ちがあった」と心の揺れを反省した。

試合直後に天理大の先輩で五輪2連覇を狙う男子73キロ級の大野将平(旭化成)から「よくやった。おまえの柔道は最後まで貫き通せた」とねぎらわれ、「素直にうれしかった」と感慨を込めた。

27歳の丸山は1月中旬に再始動。当面の目標は全日本選抜体重別選手権(4月・福岡国際センター)優勝と世界選手権(6月・ブダペスト)の2連覇。「切れ味鋭い技だけではなく、力ずくでも持っていける強い柔道をやりたい」とさらなる成長を思い描いた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン