プロ野球

本塁打の誤審騒動 NPB、試合やり直しは認めず

2018/6/26 19:35
保存
共有
印刷
その他

22日のオリックス―ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が本塁打の誤審を認めたことを受け、日本野球機構(NPB)は26日、オリックスが要望した、誤審があった場面からの試合のやり直しを認めないことを確認し回答した。オリックスは「リーグ全体の順位決定に大きな影響を及ぼす可能性がある」などとして文書で再検討を求めた。

公認野球規則では「審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない」と定めている。仲野和男パ・リーグ統括は「誤審は認めたが、本塁打の裁定は最終的なもの。野球規則に基づいて続行試合はしない」と説明した。NPBはリプレー検証後の審判員の不手際が混乱を招いたとし、リプレー検証のマニュアルをより詳細にして再発防止に努めることを決めた。

3-3の延長十回2死一塁でファウルと判定されたソフトバンクの中村晃が放った右翼ポール際への打球に対し、工藤公康監督がリクエストによるリプレー検証を要求。判定は本塁打に覆り、ソフトバンクが5-3で勝った。試合後に福良淳一監督らも立ち会って映像を見直し、審判団がファウルだったと認めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 巨人は16日、鈴木尚広外野守備走塁コーチ(41)から「一身上の都合」を理由に退団の申し出があり、了承したと発表した。19日からソフトバンクとの日本シリーズを控える中での退団となった。
 鈴木コーチは現 …続き (12:33)

 ヤクルトの高津臣吾新監督は15日、東京都内の球団事務所でスカウト会議に参加し、17日のドラフト会議で石川・星稜高の奥川恭伸投手を1位指名することを明らかにした。「投手事情を考えるとスワローズの弱点は …続き (15日 19:37)

 ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、 …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]