2019年7月21日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道・高藤「勝って当たり前」 GSパリ大会から帰国

2019/2/12 19:44
保存
共有
印刷
その他

柔道のグランドスラム(GS)パリ大会に出場した日本代表が12日、羽田空港に帰国し、世界選手権2連覇中で男子60キロ級を制した高藤直寿(パーク24)は「勝って当たり前。そのために準備をしっかりしてきた」と強気に言い放った。

グランドスラム大会から帰国し、取材に応じる柔道男子の高藤直寿(12日、羽田空港)=共同

グランドスラム大会から帰国し、取材に応じる柔道男子の高藤直寿(12日、羽田空港)=共同

昨年11月のGS大阪大会で初戦敗退しただけに「評価を取り戻せた」。世界選手権東京大会(8~9月)代表最終選考会を兼ねる全日本選抜体重別選手権(4月・福岡)に向け「しっかり優勝して他の選手を黙らせる」と自信たっぷりだった。

男子73キロ級で元世界王者の橋本壮市(パーク24)は右目の視力が急落した影響が懸念されたが、見事に優勝。「この勢いを止めずに頑張りたい」と充実の表情で意気込む。2016年リオデジャネイロ五輪3位で女子48キロ級を制した近藤亜美(三井住友海上)は主要国際大会での久しぶりの制覇に「何より金メダルが欲しかった。自信になった」と笑顔だった。

日本男子は7階級のうち優勝は2人と厳しい闘いだった。井上康生監督は「世界中で強さの格差がなくなっている。全ての選手に競り勝つ技術、体力、精神力が必要だ」と気を引き締めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子形決勝 優勝した喜友名諒(20日、タシケント)=共同

 【タシケント=共同】空手のアジア選手権第2日は20日、タシケントで行われ、形は男子で世界選手権3連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と女子で元世界女王の清水希容(ミキハウス)がともに優勝した。喜友名は大 …続き (20日 21:57)

報道陣の取材に応じる柔道男子60キロ級の高藤直寿(20日、東京都目黒区)=共同

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)で3連覇を狙う男子60キロ級の高藤直寿らパーク24の所属選手が20日、東京都内で練習を公開し、高藤は「3連覇は憧れ。一戦一戦を貪欲に、泥くさくても …続き (20日 19:16)

女子組手50キロ級準決勝 中国選手(下)を攻める宮原美穂(19日、タシケント)=共同

 【タシケント=共同】空手のアジア選手権は19日、タシケントで開幕し、組手は女子50キロ級で昨年世界選手権優勝の宮原美穂(帝京大職)、男子で84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)、75キロ級の西 …続き (20日 1:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。