/

プロ野球、経営危機克服へ議論継続 臨時オーナー会議

プロ野球の臨時オーナー会議が12日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を協議した。議長を務めたDeNAの南場智子オーナーは記者会見で「減収のインパクトは大きい。親会社の補填で成り立つのでなく、球団単独で安定している状況を維持することが重要」と述べ、危機の克服と中長期的な経営安定へ向けて議論を継続する意向を示した。

延期が長引くセ、パ両リーグ公式戦の開幕については、11日の12球団代表者会議で打ち出した6月中旬から下旬を目標とする方針を改めて確認した。南場オーナーは「緊急事態宣言が解除されたら速やかに準備したい。できる準備はしておこうということで一致している」と説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン