プロ野球

プロ野球、経営危機克服へ議論継続 臨時オーナー会議

2020/5/12 20:14
保存
共有
印刷
その他

プロ野球の臨時オーナー会議が12日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を協議した。議長を務めたDeNAの南場智子オーナーは記者会見で「減収のインパクトは大きい。親会社の補填で成り立つのでなく、球団単独で安定している状況を維持することが重要」と述べ、危機の克服と中長期的な経営安定へ向けて議論を継続する意向を示した。

延期が長引くセ、パ両リーグ公式戦の開幕については、11日の12球団代表者会議で打ち出した6月中旬から下旬を目標とする方針を改めて確認した。南場オーナーは「緊急事態宣言が解除されたら速やかに準備したい。できる準備はしておこうということで一致している」と説明した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

豪快なスイングとともに、今季は右方向への本塁打が目立った(9月)=共同

 プロ野球セ・リーグは30日、巨人が2連覇を飾った。4番を務めた岡本和真(24)は、本塁打と打点でリーグトップを争う存在感を示した。初の打撃タイトルも狙える活躍で打線をけん引した主砲に、新型コロナウイ …続き (5:00)

 30日に2年連続でのセ・リーグ優勝を決めた巨人は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例となっていたビールかけや祝勝会を自粛した。また、オフの優勝旅行も取りやめることが決まった。
 5年ぶりのリーグ …続き (1:20)

 三回巨人2死二塁、岡本が左越えに逆転2ランを放つ=共同

 コロナ禍の影響を受けたシーズンが異例なら幕引きも異例だった。3―3の延長十回、巨人の裏の攻撃を待たずに優勝を告げるアナウンスが場内に流れる。サヨナラ勝ちの可能性を残した最後の攻撃も決めきれず、本拠地 …続き (30日 23:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]