/

深紅の大優勝旗、100回大会に合わせ新調 18年夏の甲子園

日本高野連は24日、大阪市内で全国高校野球選手権大会の運営委員会を開き、2018年夏に迎える第100回の記念大会に合わせ、優勝校に渡される「深紅の大優勝旗」を約1200万円かけて新調すると発表した。

新優勝旗は縦1.06メートル、横1.51メートルの大きさで、重さはポール部分を含めて約10キロとなる予定。これまでのものと同様に、最高級の西陣織の技法、つづれ織りで織られる。京都市の専門業者、平岡旗製造株式会社が制作を担当。6月ごろに織り始め、来年4月ごろに完成する見通しだ。地方大会の優勝旗も同時にリニューアルする。

現在使用している優勝旗は2代目で、全国の各都道府県から代表校が出場した1958年の第40回記念大会から、約60年間使用されてきた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン