2019年2月19日(火)

高校野球

深紅の大優勝旗、100回大会に合わせ新調 18年夏の甲子園

2017/1/24 20:55
保存
共有
印刷
その他

日本高野連は24日、大阪市内で全国高校野球選手権大会の運営委員会を開き、2018年夏に迎える第100回の記念大会に合わせ、優勝校に渡される「深紅の大優勝旗」を約1200万円かけて新調すると発表した。

新優勝旗は縦1.06メートル、横1.51メートルの大きさで、重さはポール部分を含めて約10キロとなる予定。これまでのものと同様に、最高級の西陣織の技法、つづれ織りで織られる。京都市の専門業者、平岡旗製造株式会社が制作を担当。6月ごろに織り始め、来年4月ごろに完成する見通しだ。地方大会の優勝旗も同時にリニューアルする。

現在使用している優勝旗は2代目で、全国の各都道府県から代表校が出場した1958年の第40回記念大会から、約60年間使用されてきた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高知商の野球部員がダンス同好会の有料発表会に出演したことについて、日本高野連は13日の全体審議委員会で、日本学生野球憲章の禁ずる「商業的利用」に当たらないと結論付けた。その一方で、責任者である野球部 …続き (13日 22:15)

 選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)に出場する春日部共栄(埼玉)と松山聖陵(愛媛)の2校で、部員への暴力があった監督が謹慎を科されて大会に参加できなくなった。1日に東京都内で開かれた日本学生野 …続き (1日 17:57)

 日本高野連は30日、大阪市内で今夏の第101回全国高校野球選手権大会の運営委員会を開き、第101回大会から夏の甲子園大会の休養日を、現行の1日から2日に増やすと発表した。猛暑の中でプレーする高校球児 …続き (30日 17:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]