/

阪神・矢野監督「しっかり応えたい」 21年続投方針に

阪神の矢野燿大監督は13日、ナゴヤドームでの中日戦の練習前に取材に応じ、藤原崇起オーナーが来季の続投を要請する意向を示したことを受け「いつも背中を押してもらうようなことを言ってもらっている。しっかり応えたいという思いはある」と語った。

3年契約の2年目となる今季は一時最下位に沈んだ後、立て直して巨人に次いでセ・リーグ2位につける。監督は「まだまだ成長していかないと駄目なチーム。挑戦して全員でやっていくというところを一番大事にしたい」と話した。

また、夏場にチーム内で決めた規則の上限を超す人数での会食を行ったとの一部報道について「球団の方に事前に相談して許可をもらっていたとはいえ自覚の甘さ、認識の甘さがあった。今回の件でがっかりしたファンの人はいると思うし、申し訳ない」と反省した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン