2019年8月23日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

高藤「練習の成果出せた」 柔道GPで男子60キロ級V

2019/7/9 19:45
保存
共有
印刷
その他

柔道のグランプリ大会(モントリオール)に出場した男女日本代表が9日、成田空港に帰国し、男子60キロ級で優勝した高藤直寿(パーク24)は「思った通りの動きができ、練習の成果が出せた」と3連覇を狙う世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)への手応えを感じさせた。

柔道グランプリ大会から帰国し、取材に応じる男子60キロ級の高藤直寿(9日、成田空港)=共同

柔道グランプリ大会から帰国し、取材に応じる男子60キロ級の高藤直寿(9日、成田空港)=共同

ただ世界選手権では東海大の後輩の永山竜樹(了徳寺大職)を最大のライバルと意識し、慢心はない。「ここでほっとするのではなく、まだまだ対策を練らなければいけない」と引き締めた。

女子78キロ級の浜田尚里(自衛隊)は昨年の世界選手権以来の国際大会制覇。4試合中3試合を寝技で制し「立ち技の防御で課題が出たが、得意なことを出してやっと優勝できた」と安堵した。

男子81キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪3位の永瀬貴規(旭化成)は約2年半ぶりに国際大会を制覇。17年10月の右膝手術から復調し「また一つ自信になった。感覚的には元に戻っている」と明るい表情だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

写真に納まる高山勝成(左)とイーグル・デーン・ジュンラパンさん(22日、大阪市)=共同

 プロボクシングの元ミニマム級世界王者で、2020年東京五輪出場を目指す36歳の高山勝成(名古屋産大)が22日、大阪市内で全日本選手権東海地区の選考会に向けた練習を公開し「高校野球と同じで負けたらおし …続き (0:43)

世界ランキング2位、国際大会4連勝と勢いをつけて世界選手権に挑む

 25日に東京・日本武道館で開幕する柔道の世界選手権で、異色の柔道家が世界一を目指している。女子57キロ級カナダ代表の出口クリスタ(日本生命)だ。2年前、父の祖国代表への転身を決断した日本育ちの23歳 …続き (22日 18:19)

合宿で調整する植草歩=左(22日、東京都江東区)=共同

 2020年東京五輪で初実施される空手の組手の日本代表選手が22日、東京都内で合宿を公開、五輪出場権を争うポイント対象大会であるプレミアリーグ東京大会(9月)に向けて調整する女子68キロ超級の元世界女 …続き (22日 16:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。