その他スポーツ

世界セーリング最終日、南里は57位 男子レーザー級

2019/7/9 19:18
保存
共有
印刷
その他

セーリングの男子レーザー級世界選手権最終日は9日、鳥取県境港市の境港公共マリーナ沖で行われ、南里研二(百五銀行)が2組の最終第12レースで1位となり、総合57位で大会を終えた。2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのトム・バートン(オーストラリア)が優勝した。

樋口碧(神奈川県連盟)が96位、鈴木義弘(早大)が105位、ジャカルタ・アジア大会代表の瀬川和正(米子産業体育館)は113位だった。

日本連盟はこの大会と来年の世界選手権(2月・メルボルン)を2020年東京五輪代表の選考レースとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

レッドスキンズ戦でFGを決めるフォーティナイナーズのゴールド=右(20日、ランドーバー)=AP

 【ニューヨーク=共同】米プロフットボールNFL第7週第2日は20日、各地で行われ、フォーティナイナーズ(49ers)がレッドスキンズを9―0で下して1990年以来29年ぶりの開幕6連勝を飾った。堅守 …続き (16:11)

 男子テニスの21日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は9位から8位に上昇した。西岡良仁(ミキハウス)は68位、下部ツアーで優勝した内山靖崇(北日本物産)は108位から87位に上げた。
 1 …続き (15:51)

 テニスのクレムリン・カップは20日、モスクワで行われ、女子ダブルス決勝で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組が第3シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)ベサニー・マテックサンズ(米国)組 …続き (12:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]