スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

横綱稀勢の里、初日から3連敗 進退問題は厳しい状況に

2019/1/15 18:27
保存
共有
印刷
その他

栃煌山に寄り切りで敗れ、初日から3連敗となった稀勢の里(15日、両国国技館)=共同

栃煌山に寄り切りで敗れ、初日から3連敗となった稀勢の里(15日、両国国技館)=共同

大相撲初場所3日目は15日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、進退の懸かる横綱稀勢の里関(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が平幕栃煌山関に寄り切られ、初日から3連敗と極めて厳しい状況へ追い込まれた。

稀勢の里関は昨年9月の秋場所千秋楽から8連敗(不戦敗を除く)を喫し、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降の横綱では貴乃花を抜いて単独ワースト記録となった。昨年11月の九州場所では初日から4連敗した後で途中休場した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲秋場所千秋楽で翔猿(手前)を突き落としで下し、初優勝を果たした関脇正代=共同

 初場所と7月場所で優勝争いに競り負けた教訓のたまもの、と今場所の正代は繰り返してきた。「ペースを乱さないこととか、気持ちの持って行き方とか」。このコメント、“14日目までは”という注釈が必要だろう。 …続き (27日 22:45)

 力士24人が新型コロナウイルスに集団感染した大相撲の玉ノ井部屋で、師匠を務める玉ノ井親方(元大関栃東)が27日、入院した力士全員が26日までに退院したと、部屋の公式インスタグラムで明らかにした。
 玉 …続き (27日 22:34)

 大相撲秋場所千秋楽の27日、三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で初優勝した関脇正代が初の殊勲賞と、2場所連続6度目の敢闘賞を獲得した。
 106年ぶりの新入幕優勝はならなかったが、11勝4敗で大活躍の …続き (27日 19:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]