/

五輪代表の一山・前田が出場 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソン(来年1月31日・ヤンマースタジアム長居発着)の組織委員会は22日、東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)や前田穂南(天満屋)ら招待選手8人を発表した。新型コロナウイルス禍で海外招待選手はいない。高速化を狙い、男子の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)らがペースメーカーを務めることも決まった。

一山は3月の名古屋ウィメンズマラソンで日本歴代4位の2時間20分29秒をマーク。前田は2時間23分48秒の自己ベストを持つ。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、2005年に野口みずきが樹立した2時間19分12秒の日本記録更新を期待し「2人で40キロまで行けば、2時間18分台も夢ではない。世界で互角に戦うには、最低でも20分を切ることをテーマに走っていただきたい」と話した。

公道の使用時間を短縮するため、参加資格を従来より20分短い2時間50分以内に設定。エントリー数は前回の519人から99人にまで減った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン