/

日大主将、関東大学アメフト開幕へ抱負 10月11日初戦

アメリカンフットボールの関東大学リーグ開幕を10月10日に控え、参加校が29日にオンラインで記者会見を行い、悪質反則問題から3年ぶりに1部上位リーグ「TOP8」に復帰する日大の伊東慧太主将は「今までやってきたこと、取り組んできたこと、周りの方がつくってくれた環境が間違っていなかったと証明するために勝つ」と抱負を述べた。

日大は10月11日の初戦で強豪の法大と戦う。橋詰功監督は「今できることを精いっぱいやり、チャレンジャーとして戦っていきたい」と話した。同10日の桜美林大戦から3連覇へのスタートを切る早大の大西郁也主将は「目標は学生日本一」と力強く語った。

今季は新型コロナウイルスの影響で8校による総当たり戦を実施せず、二つのブロックに分けて4校によるリーグ戦後に同順位校同士で順位決定戦を行う。優勝校が東西学生王座決定戦「甲子園ボウル」に進出する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン