/

西武・森、開幕目指し「急ピッチでつくる」 実戦感覚が課題

西武の森友哉捕手が19日、メットライフドームでの練習後にオンラインで取材に応じ、6月後半を目標としている開幕に向けて「なるべく急ピッチでつくらないといけない」と意欲的に語った。

打撃練習する西武の森(19日、メットライフドーム)=球団提供・共同

自主練習を続けていたが、18日に首脳陣も参加した練習が再開された。スタッフも参加できるようになったことで、これまでのマシン相手ではなく打撃投手の球を打てるようになった。今後の課題を「人が投げた球を打つ感覚を取り戻すこと。タイミングの取り方やアジャストの仕方がマシンとは違うので」と挙げた。

6月中に開幕する場合、少ない練習試合の中で準備を整える必要があり「実戦の期間が短いのは難しい」と言う。それでも「体はいい状態。実戦感覚さえ取り戻せばいけるのではないか」と自信ものぞかせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン