/

西武・秋山、メジャー挑戦を表明 「最高峰で戦いたい」

シーズン216安打のプロ野球記録を持つ西武の秋山翔吾外野手(31)が29日、日本代表合宿が行われている那覇市で、今季取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグに挑戦すると明らかにした。「自分がどれほど通用するのか知りたいのと、最高峰の舞台で戦いたい思いが強くなり決断した」と説明した。

西武は複数年の大型契約を用意し、権利を行使した上での残留も認める方針。秋山は希望するチームについて「自分を必要としてくれる球団があるのかという不安がある。まずは自分を必要としてくれる球団から話があれば聞きたい」と話した。

秋山は神奈川・横浜創学館高から八戸大を経て2011年にドラフト3位で西武に入団。15年に216安打でプロ野球記録を更新し、17年には首位打者を獲得した。今季は179安打で3年連続4度目の最多安打を手にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン