/

朝乃山「今の番付で優勝を」 合同稽古、御嶽海に11勝4敗

大相撲夏場所(5月9日初日・両国国技館)に向けた合同稽古は20日、国技館内の相撲教習所で行われ、朝乃山と正代の両大関は三役以下の力士と精力的に申し合いを行った。平幕だった2年前の夏場所で初優勝した朝乃山は「今の番付で優勝すると違ってくる」と2度目の賜杯獲得へ意欲を示した。

朝乃山は小結御嶽海と続けて取って11勝4敗。押し相撲の相手に対して右前まわしを取る攻めが目立ったが、得意の左上手を取れずに寄り切られる場面もあった。収穫と課題があり「ここではしっかりと相撲が取れる分、番数を取っていきたい」と力を込めた。一方の御嶽海は「いい感じに体も動いていた」と手応えを口にした。

合同稽古で相撲を取る朝乃山=左(20日、両国国技館内の相撲教習所)=代表撮影・共同

初日は朝乃山に3勝12敗と圧倒された正代は、御嶽海や成長株の平幕若隆景らと13番取って12勝。「ちょっと感覚もつかめた。タイミングがあれば、また大関同士でするのもいいかな」と残り2日間を見据えた。

若隆景は8番に終わり「あと2日。もう少し番数をこなして、前に出る相撲をやっていきたい」と話した。春場所で敢闘賞の平幕明生は正代らに挑み、6勝5敗だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン