オリパラセレクト

フォローする

田中希実が1500快勝 陸上中距離の競技会、中2日で出場

Tokyoオリパラ
2020/10/27 19:23
保存
共有
印刷
その他

陸上中距離種目の競技会「東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」が27日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、女子1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)が4分10秒41で快勝した。800メートルを走った24日の大会から中2日。自身の日本記録からは5秒14遅れたが「うまくまとめられて良かった」と内容に収穫を口にした。

女子1500メートル 4分10秒41で快勝した田中希実(27日、駒沢陸上競技場)=共同

女子1500メートル 4分10秒41で快勝した田中希実(27日、駒沢陸上競技場)=共同

中盤まではペースメーカーを務めた昨年の日本選手権覇者の卜部蘭(積水化学)の後ろでリラックスして走り、外れた後半にスピードを上げた。24日のレースで最後に転倒して痛めた左肩の不安もあり、序盤はペースを抑え「後半にどれだけ気持ちよく上げられるか」をテーマにしたという。

今後は東京五輪の参加標準記録を突破済みの5000メートルに重点を移す。11月3日のデンカチャレンジ杯に参戦し、12月4日の長距離種目の日本選手権で五輪切符獲得に挑む。広中璃梨佳(日本郵政グループ)が強敵となる大一番へ「チャレンジャーという気持ちで勝負できるようにしていきたい」と意気込んだ。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
秋季教育リーグで日本ハムを率いた日本代表の稲葉監督=左(26日、宮崎県日南市)=共同共同

 日本代表の稲葉篤紀監督が26日、宮崎県日南市で行われた秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」で日本ハムを率い、西武と1―1で引き分けた。昨秋の国際大会「プレミア12」以来となる日の丸のユニホ …続き (11/26)

 日本レスリング協会は26日、全日本選手権(12月17~20日・駒沢体育館)の出場選手を発表し、来夏の東京五輪代表は男子グレコローマンスタイル60キロ級で昨年の世界選手権王者の文田健一郎(ミキハウス) …続き (11/26)

 【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は25日、重量挙げのベトナム代表がドーピング問題で来夏の東京五輪から除外される可能性があると明らかにした。「IOC理事会は同国選手による多数の違反 …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]