/

田中希実が1500快勝 陸上中距離の競技会、中2日で出場

陸上中距離種目の競技会「東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」が27日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、女子1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)が4分10秒41で快勝した。800メートルを走った24日の大会から中2日。自身の日本記録からは5秒14遅れたが「うまくまとめられて良かった」と内容に収穫を口にした。

女子1500メートル 4分10秒41で快勝した田中希実(27日、駒沢陸上競技場)=共同

中盤まではペースメーカーを務めた昨年の日本選手権覇者の卜部蘭(積水化学)の後ろでリラックスして走り、外れた後半にスピードを上げた。24日のレースで最後に転倒して痛めた左肩の不安もあり、序盤はペースを抑え「後半にどれだけ気持ちよく上げられるか」をテーマにしたという。

今後は東京五輪の参加標準記録を突破済みの5000メートルに重点を移す。11月3日のデンカチャレンジ杯に参戦し、12月4日の長距離種目の日本選手権で五輪切符獲得に挑む。広中璃梨佳(日本郵政グループ)が強敵となる大一番へ「チャレンジャーという気持ちで勝負できるようにしていきたい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン