/

巨人、新外国人2選手が入団会見 スモーク「興奮している」

巨人の新外国人選手、ジャスティン・スモーク内野手とエリック・テームズ外野手が13日、東京ドームで入団記者会見を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で来日が大幅に遅れ、入国後は2週間の隔離も経験。スモークは「いつ入国が許可されるか分からず、そういう不安はあった。晴れてチームに合流できて興奮している」と喜びを口にした。

巨人・原監督(中央)とポーズをとる新外国人選手のエリック・テームズ外野手(左)、ジャスティン・スモーク内野手(13日、東京ドーム)=共同

ともに34歳。両打ちのスモークは米大リーグ通算196本塁打、左打ちのテームズは同96本塁打の実績を誇る。低調な打線の起爆剤と期待され、テームズは「日本流のことに向き合って取り入れていきたい」と順応に自信を示した。

13日はともに1軍の練習に参加し、シート打撃を行った。原辰徳監督は「早く試合に出られるようなコンディションになってくれることを願うばかり」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン