/

サッカー森保監督「代表勝利に貢献」 引退の内田氏ねぎらう

サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が25日、オンライン取材に応じ、32歳で引退した元代表DFの内田篤人さんを「日本サッカーの発展と代表の勝利に貢献してくれた。お疲れさまと伝えたい」とねぎらった。指導者として今後の活躍を願い「経験を現場で生かし、選手を育てて」と語った。

オンラインで取材に応じるサッカー日本代表の森保監督(25日)=共同

年代別代表でコーチと選手の間柄だった。内田さんは引退の記者会見で欧州とJリーグを比べ「違う競技と思うぐらい差は広がった」と話した。以前に同じ指摘を直接されたことがあり「胸に突き刺さった」という。

局面でのプレー強度、ボールを奪う技術の差は他の海外組も警鐘を鳴らす。内田さんの言葉に「Jリーグを否定するのではなくポジティブなもの。勇気を持って言葉にしてくれた」と感謝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン