2019年9月23日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

拳四朗、10月に4度目の防衛戦 元IBF王者と

2018/8/28 16:29
保存
共有
印刷
その他

記者会見後、ポーズをとるWBCライトフライ級王者の拳四朗(28日、東京都内)=共同

記者会見後、ポーズをとるWBCライトフライ級王者の拳四朗(28日、東京都内)=共同

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が28日、東京都内で記者会見し、10月7日に横浜アリーナで元国際ボクシング連盟(IBF)王者のミラン・メリンド(フィリピン)と4度目の防衛戦を行うと発表した。26歳の拳四朗は13戦全勝(7KO)で、前回の防衛戦もKO勝ちと勢いに乗っており「また圧勝できるように頑張りたい」と意欲を語った。

30歳のメリンドは40戦37勝(13KO)3敗。同級では昨年5月にIBF王座統一戦で八重樫東(大橋)に1回TKO勝ち、同12月には世界ボクシング協会(WBA)王者の田口良一(ワタナベ)との団体王座統一戦に判定で敗れており、日本勢との対戦経験も多い。ただ、拳四朗は「怖さはない。距離を保てば問題ない」と自信満々だった。

WBAバンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)と元WBAスーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の試合も同時開催される。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

レスリングの世界選手権から帰国し、獲得したメダルを手にする川井梨紗子(右)と皆川博恵(23日、成田空港)=共同

 レスリングの世界選手権(カザフスタン)で女子の日本勢唯一の金メダルを獲得した57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が23日、成田空港に帰国した。妹で62キロ級銅メダルの川井友香子(至学館大)と …続き (17:26)

男子フリー74キロ級3位決定戦 米国選手(左)に攻められる奥井真生(21日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第8日は21日、カザフスタンのヌルスルタンで男子フリースタイルが行われ、五輪実施階級で74キロ級の奥井真生(自衛隊)は …続き (21日 22:28)

 柔道のグランプリ大会第1日は20日、タシケントで行われ、1992年バルセロナ五輪覇者の古賀稔彦氏の次男で男子60キロ級の古賀玄暉(日体大)と、男子66キロ級の相田勇司(国学院大)は、ともに決勝でロシ …続き (21日 1:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。