/

サッカー森保監督、海外での代表試合検討 W杯予選延期で

サッカー日本代表の森保一監督は8日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の延期で空白となった10、11月の国際試合日に海外での試合実施など代表活動を検討していることを示唆した。オンライン取材で「国内で活動するのは非常にハードルが高いと報告を受けている」と話した。新型コロナウイルスの影響で、今年は日本代表戦が1試合も行われていない。

東京五輪世代の中核となる堂安律がPSVアイントホーフェン(オランダ)からビーレフェルト(ドイツ)に期限付き移籍したことには「移籍先で輝き、存在感を発揮してほしい」と期待した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン