/

元幕内荒鷲が断髪式 元横綱日馬富士らがはさみ

昨年の大相撲初場所で現役引退した元幕内荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴーン氏(34)の断髪式が23日、東京・両国国技館で行われ、同じモンゴル出身の横綱鶴竜、元横綱日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏ら約330人がはさみを入れ、師匠の峰崎親方(元幕内三杉磯)が大銀杏(おおいちょう)を切り落とした。

断髪式で師匠の峰崎親方(右)に大銀杏を切り落とされる元幕内荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴーン氏(23日、東京・両国国技館)=代表撮影・共同

元荒鷲は荒磯部屋から2002年九州場所で初土俵を踏み、花籠、峰崎と部屋を転籍。14年夏場所新入幕で幕内に21場所在位し、金星3個を獲得した。今後も日本で生活する予定で「今まで学んだことを生かし、自分にできることを精いっぱいやりたい」と語った。

新型コロナウイルス禍で断髪式は昨年5月から延期。今年5月での定年により春場所限りで部屋を閉じる峰崎親方は「それまでに何とかしてあげたかった」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン