2019年6月17日(月)

プロ野球

巨人・菅野、腰の違和感で登録抹消 原監督「しっかり治して」

2019/5/21 17:54
保存
共有
印刷
その他

巨人の菅野智之投手が21日、腰の違和感で出場選手登録を外れた。22日のDeNA戦で先発予定だったが、原辰徳監督は「重症ではないと聞いている。しかし、登板は難しいかなと。しっかり治して早く(復帰に)なればいいね」と説明した。

20日に投球練習をした際に患部に違和感を覚えたという。宮本和知投手総合コーチは「(最短の)10日で戻ってきたらベスト」と期待。菅野は川崎市のジャイアンツ球場に姿を見せたが、投手練習には参加せず、ノースローで球場を後にした。

昨季まで2年連続で沢村賞に輝き、今季は8試合に登板して5勝3敗、防御率4.36。前回15日の阪神戦では六回途中でともに自己ワーストの4本塁打を浴びて10失点と打ち込まれていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]