/

大野雄・山田哲ら、FAの資格取得 NPBが97選手公示

日本野球機構(NPB)は17日、フリーエージェント(FA)有資格者として、中日の大野雄大投手、ヤクルトの山田哲人内野手ら97選手を公示した。

国内FAの資格を新たに得たのは大野雄、山田哲の他にヤクルトの小川泰弘投手、DeNAの梶谷隆幸外野手と井納翔一投手、広島の田中広輔内野手、日本ハムの西川遥輝外野手、楽天の島内宏明外野手、ソフトバンクの森唯斗投手らで計21人だった。

海外FAはロッテの沢村拓一投手、楽天の銀次内野手、ソフトバンクの今宮健太内野手ら13人が新たに資格を手にした。2016年に海外FA権を行使して残留した西武の栗山巧外野手は2度目の取得。阪神の糸井嘉男外野手、巨人の大竹寛投手は国内FA移籍からの再取得で海外FA資格を得た。

日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に意思を伝えればFA権を行使でき「FA宣言選手」として公示された翌日から契約交渉が可能となる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン