2019年8月19日(月)

高校野球

八戸学院光星が連覇 夏の高校野球地方大会

2019/7/23 20:52
保存
共有
印刷
その他

第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は23日、各地で行われ、青森大会決勝は八戸学院光星が弘前学院聖愛を12-4で下し、2年連続10度目の出場を決めた。

山梨大会の決勝は、4年連続の出場を目指す山梨学院と東海大甲府の顔合わせに決まった。熊本大会では九州学院と熊本工が決勝進出。京都大会では、2年連続の代表を狙う龍谷大平安が準決勝に駒を進めた。埼玉大会では5年連続出場を目指す花咲徳栄がベスト8入りした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

履正社―関東第一 5回裏履正社1死満塁、内倉が右前に同点打を放つ(18日、甲子園)=共同

 全国高校野球選手権大会第12日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、星稜(石川)中京学院大中京(岐阜)明石商(兵庫)履正社(大阪)が準決勝に進んだ。
 星稜は22安打の猛攻で、仙台育英(宮城)に17 …続き (18日 19:38)

▽準々決勝 第4試合(第12日)
関東第一(東東京)―履正社(大阪)
関東一 300 000 000=3
履正社 110 023 00X=7

(関)谷、土屋、市川―野口
(履)清水―野口
▽本塁打 平泉2号(3) …続き (18日 19:23)

中京学院大中京―作新学院 8回裏中京学院大中京無死、元が左翼ポール際に逆転満塁本塁打を放つ(18日、甲子園)=共同

 着々と逆転への布石が打たれていった。2―3の八回、中京学院大中京は先頭の藤田が四球で出塁。代わった作新学院・三宅から続く2人も四球を選び無死満塁に。この好機に7番の元(げん)が、代わったばかりの坂主 …続き (18日 19:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。