/

1位指名の小笠原「1年目から活躍」 中日があいさつ

中日・谷繁監督のサインが書かれた当たりくじを手に、笑顔を見せる東海大相模高の小笠原慎之介投手(27日、相模原市)=共同

中日は27日、中田スカウト部長らが相模原市の東海大相模高を訪れ、ドラフト1位指名した小笠原慎之介投手にあいさつした。谷繁監督のサインが書かれた当たりくじを渡された小笠原は「あらためて1位指名されたんだと実感した。1年目から活躍できるようにしたい」と顔をほころばせた。

夏の甲子園大会を制した期待の左腕で、現在は左肘の炎症の影響もあり6、7割の力で投球練習を続けている。30分ほどの会談では食事や練習方法について熱心に話を聞いたといい、「1月の自主トレに向けて体づくりをしていく。監督には重い真っすぐを見てほしい」と意気込みを語った。

中田スカウト部長は「どんな状況でも力を出せるタイプで右打者の懐に食い込むストレートはアマチュアではトップクラス。1年目からいける」と太鼓判を押した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン