スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

集団感染の全柔連、事務局閉鎖を延長

2020/4/28 18:22
保存
共有
印刷
その他

役職員の新型コロナウイルス集団感染が発生した全日本柔道連盟(全柔連)は28日、東京都文京区の講道館にある事務局の閉鎖期間を当初予定の5月6日から同20日まで延長すると発表した。「緊急事態宣言の期限となる5月6日以降も当面は外出自粛が必要」と説明。役職員は引き続き、在宅勤務を原則とする。

東京五輪代表選手の処遇、唯一代表が決まっていない男子66キロ級の選考方式を協議する常務理事会と強化委員会は5月15日にインターネット会議で実施される。

全柔連では4月16日までに事務局常勤者39人のうち、約半数の19人の感染が確認。総本山の講道館でも複数の感染者が出て、19日には理事1人が新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

オンラインの記者会見で新ジム移籍を発表した元WBCフライ級王者の比嘉大吾。右は野木丈司トレーナー(30日)=共同

 元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(24)が30日、オンラインで記者会見し、Ambitionジム所属を発表。「絶対にもう一度世界チャンピオンに戻る」と語った。白井・具志堅スポーツ …続き (30日 16:32)

 日本ボクシングコミッション(JBC)は29日、東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)ら7月16日のタイトル戦(後楽園ホール)に出場する4選手全員が試合3週間前の新型コロナウイルスの抗体検査で抗体が …続き (29日 15:33)

 日本ボクシング連盟は28日、オンラインで理事会を開き、既に東京五輪の代表に決まっていた男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)、女子フライ級の並木月海(自衛隊)ら男女6選手の代表権を五輪の1年延 …続き (28日 17:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]