/

スケートW杯、日本選手派遣せず 1月予定のオランダ大会

日本スケート連盟は24日の理事会で、来年1月にオランダで計画されているスピードスケートのワールドカップ(W杯)に選手を派遣しないことを決めた。新型コロナウイルスへの感染を懸念したため。年内のW杯が全て中止となり、当初予定になかった2大会のオランダ開催が検討されている。

来年2月13、14日に青森県八戸市で予定されているジュニアW杯は取りやめを国際スケート連盟(ISU)に申し入れる方針を確認。同19~21日の同市での世界ジュニア選手権は開催を目指すという。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン