/

元大関・琴奨菊が現役続行へ 11月場所で十両転落確実

大相撲の元大関で11月場所(11月8日初日・両国国技館)は十両転落が確実となっている琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で代表取材に応じ「勝てば幕内に上がれる。自分の中で可能性を感じるからやっている。やり残しなく、納得して終わりたい」と現役続行を明言した。

ぶつかり稽古で胸を出す琴奨菊=右(20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋)=共同

この日の稽古では四股のほか、ぶつかり稽古で胸を出した。先場所負傷した左ふくらはぎの回復度は9割程度と説明し、今週中にも相撲を取る稽古を始めるという。

関取最年長の琴奨菊は西前頭11枚目の先場所で途中休場。再出場したが2勝止まりに終わり、史上7位で92場所在位の幕内陥落は不可避だった。

師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は先場所後の話し合いで琴奨菊から「このままけがに負けて引退というのは嫌です」と告げられたことを明かした。「顔を見ると強い気持ちがすごく伝わる。力はまだまだあるし、出し切って終わるのが一番いい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン