/

柔道・浜田「課題克服し金メダルを」 強化合宿で手応え

柔道の東京五輪女子78キロ級代表、浜田尚里(自衛隊)が4日、埼玉県朝霞市の自衛隊体育学校での日本女子強化合宿中にオンラインで報道陣の取材に応じ「課題をしっかりと克服し、五輪で金メダルを取れるように頑張りたい」と意気込んだ。

オンラインで取材に応じる柔道女子78キロ級の浜田尚里(4日)=共同

新型コロナウイルス禍でさまざまなタイプの選手と組み合える貴重な機会。得意の寝技の精度を高めつつ、背負い投げなど立ち技にも磨きをかけているという。「組み手の部分を意識し、練習で少しずつ出せるようになっている」と手応えを口にした。

2018年の世界女王は1月のマスターズ大会で2位、4月のグランドスラム・アンタルヤ大会で優勝と順調に仕上がっている。30歳で挑む初の五輪へ「状態はいい。五輪に向けて準備していきたい」と決意を新たにした。1日からの合宿は5日に終了する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン