/

白鵬、御嶽海と23番 合同稽古で圧倒

大相撲で2場所連続休場中の横綱白鵬が20日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加し、関脇御嶽海と23番取って22勝1敗と圧倒した。8月に手術を受けた右膝は万全ではないそうだが、動きは良く「気分がいいね。相撲を取れたということで」と上機嫌だった。

合同稽古に参加した白鵬=左(20日、両国国技館内の相撲教習所)=共同

合同稽古は後半の3日間が始まり、白鵬によると、相撲を取る稽古は約3カ月ぶりだった。番数をこなすことに重点を置いたといい「土俵の中での円の動きを意識した」と明確な課題を持って、稽古を消化した。

三役常連の御嶽海に対して四つで組んだほか、豪快につり上げたり、蹴手繰りを出したりもした。ただ、右膝について「まずは今日の夜寝て、起きてからでしょう。明日の朝、不安であり、大丈夫かなというのもある」と慎重な姿勢も見せた。

一年納めの11月場所では1日当たりの観客の上限が約5千人に増える。35歳の第一人者としてファンの前で復活をアピールしたいところで「稽古できたことで一つ前に進んだ」と実感を込めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン