/

阪神・梅野、1.1億円で更改 11勝の秋山は1900万円増

阪神の梅野隆太郎捕手が22日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、1千万円増の年俸1億1千万円で更改した。今季は球団の捕手では初となる3年連続のゴールデングラブ賞を受賞。「球団から梅野なくして優勝はないだろう、と評価していただいた。チームの顔として引っ張っていく」と強い自覚をにじませた。

契約を更改し、記者会見する阪神・梅野(22日、兵庫県西宮市)=共同

30歳を迎える来季は背番号2に変わる。今季は右脇腹痛で離脱し98試合の出場にとどまった。「全試合出場にもプライドを持って頑張りたい」と意欲を示した。順調に行けば、来季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込みで、単年契約を結んだ。

チームトップタイの11勝を挙げた秋山拓巳投手は1900万円増の5100万円でサイン。「先発ローテーションに入れるかどうか分からない危機感の方が強い」と表情を引き締めた。

阪神は全選手が契約を更改した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン