/

スケボー堀米「米国でどんどん進化」 五輪に自信

スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(XFLAG)が8日、拠点とする米国からオンライン取材に応じ「自分のレベルが少しずつ上がり、トリックもどんどん進化している。それを出せれば」と、金メダルが期待される来年の東京五輪に自信を示した。

米ロサンゼルスから、オンライン取材に応じるスケートボード男子ストリートの堀米雄斗(8日)=XFLAG提供・共同

米国は新型コロナウイルスの感染拡大が世界で最も深刻だが、堀米は練習環境を優先して帰国せず、ロサンゼルスで活動を続けてきた。外出制限が厳しく、満足に滑れなかった期間もあり「自分にはスケボーしかない」と再認識したという。現在は検査で陰性と判定された仲間と私設の練習場でほぼ毎日滑っている。

東京五輪に向けては「一生に一度、チャンスがあるかどうか」と出場への思いがより強まったという。金メダル獲得の鍵となる新技の習得に余念がなく「五輪で絶対に決めたい技のアイデアは固まっている。何個かある。絶対に出そうと思っている」と力強く話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン