プロ野球

ソフトバンク内川、03年以来の開幕2軍 練習試合わずか1安打

2020/6/16 19:28
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクの内川聖一内野手が開幕を2軍で迎えることになった。練習試合で不調が続き、16日から2軍に合流。工藤公康監督は「時間をあげて、自分を取り戻すのも大事。一日も早くいい状態にしてきてもらいたい」と話した。プロ20年目の内川が開幕1軍を外れるのは、横浜(現DeNA)に所属した2003年以来となる。

6月の練習試合では6年目の栗原陵矢選手ら若手が好アピールを続けた一方で、内川は21打数1安打と不振だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

今季初勝利を挙げたロッテ・中村稔(9日、京セラドーム)=共同

 オリックス・T―岡田の鮮やかなスタートにどよめきが起こった。四回2死から四球で出て、伏見の2球目に二盗。ロッテの左腕、中村稔が投球動作に入る前に走り出す賭けが吉と出た。
【9日のプロ野球 結果と戦評】 …続き (9日 21:40)

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は9日、20代の審判員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1軍戦の経験はないという。審判員の感染は初めて。
 NPBによると、1日に知人が別の感染者の …続き (9日 20:57)

オリックス戦に先発したロッテ・中村稔(9日、京セラドーム)=共同

【阪神5―1広島】阪神が快勝した。1―1の三回に勝ち越し三塁打を放った大山が、八回は10号ソロ。九回は代打中谷の犠飛などで2点を加えた。秋山は直球で押して6回を1安打、犠飛による1点に抑えて自身4連勝 …続き (9日 21:45更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]