/

パラアルペン公認大会、村岡がスーパー大回転で優勝

パラアルペンスキーで国内では今季初の国際パラリンピック委員会(IPC)公認大会は9日、長野県上田市の菅平高原パインビークスキー場でスーパー大回転2戦が行われ、女子座位で2018年平昌冬季パラリンピック銅メダルの村岡桃佳(トヨタ自動車)が第1戦を制した。第2戦は途中棄権だった。

スーパー大回転女子座位の第1戦 優勝した村岡桃佳(9日、長野県・菅平高原)=共同

来年の北京パラリンピック出場枠を争うポイントレースの対象となる。男子座位は第1、2戦ともに平昌パラ8位の森井大輝(トヨタ自動車)が優勝し、平昌パラ5位の狩野亮(マルハン)が2位で続いた。

10~13日はアジア・カップの回転と大回転が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン