/

味スタ「規模は十分」と評価 ラグビーW杯開幕戦会場

ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビーのワールドカップ(W杯)統括責任者、アラン・ギルピン氏が19日、2019年W杯日本大会の開幕戦が行われる東京都調布市の味の素スタジアムを視察し、約5万人の収容人数について「開幕戦や開幕セレモニーを開催するための規模は十分」と評価した。

味の素スタジアムは建設計画が白紙撤回された新国立競技場に代わって選ばれた。2020年東京五輪のラグビー7人制の会場でもある。今回はグラウンドやロッカールーム、テレビ放映のための施設などを確認したという。「試合以外に、セレモニーの出演者や機器のために何が必要か。(その後)すぐ開幕戦が行われるので、その点も含めて(準備について)検討していく」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン