プロ野球

楽天・平石前監督が退団 2軍統括辞退、今後は未定

2019/10/15 15:48
保存
共有
印刷
その他

楽天の平石洋介前監督が15日、仙台市内の球団事務所で取材に応じ、退団することを明らかにした。今季終了後に退任が発表され、球団からは2軍統括への就任を打診されていたが辞退した。「お話をいただいたのはありがたいこと。今後のことは全く決まっていない」と話した。

楽天が球団を創設した2005年にドラフト7巡目で入団。11年限りで現役を引退したあともチームに残り、コーチや2軍監督を務めた。「何もないところからスタートした。いろんな施設、環境ががらっと変わった。年々、イーグルスが東北に根付いてきている」と感慨深く振り返った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 契約更改を終え、来季の抱負を記した色紙を手にする楽天の銀次(13日、仙台市の球団事務所)=共同

 楽天の銀次内野手が13日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、2500万円増の年俸1億1千万円プラス出来高払いでサインした。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季から3年 …続き (17:04)

契約を更改し、記者会見する広島の長野(12日、広島市)=共同

 広島の長野久義外野手が12日、広島市の球団事務所で契約交渉に臨み、5千万円減の年俸1億7千万円で更改した。巨人から移籍した今季はプロ10年目で最少の72試合の出場にとどまり「チームが勝てなかったこと …続き (12日 19:26)

契約更改し、記者会見する阪神の西(12日、兵庫県西宮市の球団事務所)=共同

 移籍1年目でチーム最多の10勝を挙げた阪神の西勇輝投手が12日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、4年契約の2年目となる来季年俸を現状維持の2億円でサインした。投球イニングで自己最多だった今 …続き (12日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]