/

松中、ソフトバンクを退団 04年三冠王、現役続行目指す

プロ野球史上7人目の三冠王となったソフトバンクの松中信彦内野手(41)が29日、ヤフオクドームで記者会見し、出場機会を求めて今季限りで退団し、現役を続ける意向を表明した。2004年のパ・リーグで打率3割5分8厘、44本塁打、120打点をマークし、首位打者、本塁打王、打点王の3冠に輝いた最後の現役選手で「可能性があるなら、ぼろぼろになるまで、納得するまでやりたい」と語った。

プロ19年目の今季はリーグ2連覇決定後の9月21日に1軍に初昇格し、29日の楽天戦にも出場して7試合で9打数1安打だが「ボールが速く感じたりしたら引退したと思う。でもボールが見えた。体も元気だし気力もある」と現役続行を決意した理由を説明した。今後については「全くの白紙。これから考える」と話し、球団はシーズン終了後に自由契約の手続きを取る予定。

熊本県出身の松中は1997年ドラフト2位で当時ダイエーに入団。現日本代表監督の小久保裕紀らと強力打線の中核を担い、99年にダイエー初のリーグ制覇、日本一に貢献し、00、04年にリーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。その後は右膝、左手首などの度重なるけがに苦しみ、13年から本塁打がなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン