プロ野球

プロ野球、平成の公式戦終える 巨人が最多2263勝

2019/4/30 21:22
保存
共有
印刷
その他

プロ野球は30日、セ・リーグの3試合が行われ、平成時代の公式戦を終えた。平成最後の本塁打は広島のバティスタが阪神戦の八回に放った3試合連続となる4号3ランで、最後の勝利投手は阪神の秋山拓巳だった。

球団別の勝利数では巨人が2263勝で1位、2位は西武の2220勝、3位はダイエー時代を含めたソフトバンクの2142勝。リーグ優勝回数でも巨人が12度で最多となり、11度の西武が2位だった。

日本シリーズの優勝回数はソフトバンクの7度が最多だが、出場回数では巨人と西武が10度ずつで最多を誇った。

個人成績では広島と阪神でプレーした金本知憲が2539安打、476本塁打、1521打点と3部門で最多をマーク。最多勝は山本昌の214勝、最多セーブは岩瀬仁紀の407セーブと中日勢がトップだった。

監督の通算勝利数はヤクルトの黄金時代をつくり阪神、楽天でも指揮を執った野村克也が1053勝で1位。2位は中日、阪神、楽天の星野仙一の1034勝、3位はソフトバンクの王貞治の968勝で、4位に巨人の現役監督を務める原辰徳が963勝で入り、5位は近鉄、オリックスの仰木彬の914勝だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 プロ野球から海外フリーエージェント(FA)権を持たない選手が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの今オフの申請期間が5日、終了した。
 今オフはDeNAの筒香嘉智外野手、広島の菊池涼介内野手 …続き (20:26)

 野球振興事業などを手がける一般社団法人日本プロ野球選手会の総会が5日、大阪市内で開かれ、経済的に恵まれないひとり親家庭の子どもたちが野球をする際に金銭的に支援する取り組みを2021年から始めることを …続き (20:11)

 ヤクルトは5日、今季米大リーグ、オリオールズでプレーしたガブリエル・イノーア投手(26)=188センチ、93キロ、右投げ右打ち=の獲得を発表した。年俸60万ドル(約6540万円)プラス出来高払いの1 …続き (19:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]