/

広島・森下、開幕投手に照準 昨季セ・リーグ新人王

昨季のセ・リーグ新人王に輝いた広島の森下暢仁投手が26日、マツダスタジアムで自主練習を公開した。自身初の大役を目指す2年目の開幕戦に照準を合わせ「チームを代表する投手が投げるもの。そこに向けてやりたいと思っているので頑張る」と意欲を見せた。

キャッチボールをする広島の森下(26日、マツダ)=共同

昨季は10勝3敗でリーグ2位の防御率1.91と活躍。この日、今年初めてブルペン入りし「状態は良かった」と変化球を交えながら20球投げた。

年明けは沖縄で鈴木誠らの合同練習に投手でただ一人参加し「どんな球を待っているとかいろいろ聞けた」と収穫を得た。同じ施設で調整していた前田(米大リーグ、ツインズ)とキャッチボールする機会にも恵まれた。背番号「18」の前任者の球種や調整法に触れて「勝っている投手のやっていることを見ることができたのでプラスになった」と口角を上げた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン