/

空手・清水「常に金メダル頭に」 五輪代表確定で笑顔

空手の東京五輪出場権を争う今年最後のポイント対象大会、プレミアリーグ・マドリード大会に出場した日本代表が3日、羽田空港に帰国、全日本空手道連盟の選考基準を満たし代表が確定した形女子の清水希容(ミキハウス)は「五輪の金メダルを常に頭に置いていることが結果につながった」と笑顔で語った。

帰国し写真撮影に応じる空手日本代表の(左から)荒賀龍太郎、西村拳、清水希容、植草歩(3日、羽田空港)=共同

今大会は、昨年に世界女王の座を奪われたサンドラ・サンチェス(スペイン)に決勝で敗れ、今年の対戦成績は3勝6敗と大きく負け越し。五輪本番での対決に向け「母国開催で負けられないという重圧がある」と本音も漏らした。

世界最高レベルの争いであるだけに「(審判も)減点対象になる部分に目がいきがち」と分析。力強さとスピードを課題に挙げ「加点を引き出すような演武をしなければ」と表情を引き締めた。

組手男子75キロ級で五輪代表を確定させた西村拳(チャンプ)は「一喜一憂せずに自分の心を持っていく」ときっぱり。十分な準備期間を得た有利な状況にも「空手界は誰も五輪を経験していない。みんなが同じスタートライン。可能な限りいろんなことに挑戦する」と先を見据えた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン