サッカー

J1神戸、フィンク監督が退任 「家族の元に戻る」

2020/9/22 19:02
保存
共有
印刷
その他

トルステン・フィンク氏=共同

トルステン・フィンク氏=共同

J1神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)の退任を発表した。同監督の意向を受けたもので21日付。ホームのノエビアスタジアム神戸で、23日に行われる鳥栖戦はマルコス・ビベスコーチ(45)が指揮を執る。神戸は4勝8分け7敗の勝ち点20で12位と低迷している。

ドイツ出身のフィンク監督は、現役時代に守備的MFとしてバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などでプレー。バーゼル(スイス)やハンブルガーSV(ドイツ)などで指揮を執り、神戸では2019年6月から監督を務めた。

ことし1月1日に決勝が行われた第99回天皇杯全日本選手権で神戸を初優勝に導き、2月の富士ゼロックス・スーパーカップでも初の栄冠をもたらした。

フィンク監督はクラブを通じ「2つのタイトルという成功を収めることができた。家族の元に戻る決断をした。このクラブの監督であったことを誇りに思う」と談話を出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 明治安田J1(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか=3試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため変則日程となった第33節は、鹿島が上田らのゴールで神戸を3―1で下し、勝ち点42とした。横浜Mは …続き (22:56)

横浜M―名古屋 後半、決勝ゴールを決め駆けだす横浜M・渡辺(21日、日産スタジアム)=共同

【横浜M2―1名古屋】横浜Mが競り勝った。1―1の後半35分、渡辺が左折り返しを押し込んで勝ち越した。前半から押し込み、41分にエジガルジュニオが先制。後半24分に追いつかれた後も攻め続けた。名古屋は …続き (22:33)

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現して …続き (19:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]